畳と敷居の段差も解消!畳工事依頼のK様邸

K様邸

敷居と畳の段差が気になっておられたK様。新畳に交換する際、段差を解消するために畳床の厚さを調整して施工致しました。打ち合わせ時に段差がある部分の敷居厚を採寸。通常の畳厚(55㎜)より、5㎜厚い畳床(畳の中の芯)を準備し予定日に採寸、その日に搬入。床板の凸凹や寄せの曲り(部屋の歪み)も多く、手間と時間が掛かりましたが、敷居と畳がフラットになり、K様も喜んで頂けました。

After

Before

  • Facebook Social Icon